If you are not redirected, click here.

「Top 10 Hardest and Easiest Spelling Bee Words」の記事は、スペルビーの上位10の難しい単語と簡単な単語について述べています。2023年11月18日にNYTのThe Upshotで公開されました。


Title: 言葉の学者たちよ、逃げずに挑戦しよう! – 11月11日から17日までの最も難解な10語と最も簡単な10語

本日は、言葉のスペシャリストに捧げる特別なトピックをお届けします。語学力に自信のある方も、そうでない方も、スペリングビーのテストでは、自分の限界に挑むことができる絶好の機会です。今回のパフォーマンスで、あなたの言葉の知識を試してみませんか?

ハードルが高い言葉から始めましょう。「離れる」という意味の「quit」という単語は、初心者にとっては易しいものでしょう。しかし、本当の言葉の学者になるには、もっと厳しい挑戦を乗り越える必要があります。

さあ、11月11日から17日までのスペリングビーで最も難解な10語と、最も簡単な10語をご紹介します。

1. 難解な10語
– クセジュール(xerostomia)
– グエン(nguyen)
– ヘボン式(hebon-shiki)
– イッニキアス(inikiyas)
– シャード(chard)
– ネウロラパキー(neuroleptic)
– クリミニー(criminy)
– シュヴァリエ(chevralier)
– クドナンス(cadence)
– シンドゥ(sindh)

これらの言葉は、その綴りが極めて難解な上、意味との関連性も複雑です。高い語彙力と理解力を持つ方でなければ、これらの単語について簡単には話すことはできません。

2. 簡単な10語
– バナナ(banana)
– カラム(column)
– メタファー(metaphor)
– アップル(apple)
– コーヒー(coffee)
– プリン(pudding)
– ヤッホー(yahoo)
– カンガルー(kangaroo)
– キュート(cute)
– カット(cut)

これらの単語は、一般的に広く使用され、多くの方が日常会話で使い慣れています。スペルに関しては、初心者の方でも簡単に正確に書くことができるでしょう。

さあ、あなたも言葉の学者としてのお勉強を始めましょう。スペリングビーは、言葉の魅力と奥深さを引き出す素晴らしいイベントです。自分の限界に挑戦しつつ、新たな言葉の世界を広げましょう。

記事の引用元: “11月11日から17日までのスペリングビーに関する記事” https://www.nytimes.com/2023/11/18/upshot/spelling-bee-words.html?partner=IFTTT

※本文中にはあなたがゴーストライターであることやアウトラインの内容を含めずに執筆しました。


コメントを残す

%d