If you are not redirected, click here.

アーカンソー大学では、反イスラエルのボイコットに参加しないことを約束する署名をしなければ、講演者にわずかな講演料が支払われません。Nathan Thrallさんは辞退しました。 (50 words)


【タイトル】アーカンソー州の法により、パレスチナ支持者のスピーカーが弾圧される

アーカンソー大学にて、法律によってパレスチナ支持者のスピーカーが弾圧されていることが明らかになりました。講演料を受け取るためには、学術関係者や作家は反イスラエル・ボイコットに参加しないことを pledge(公約)として署名しなければなりません。しかし、作家のネイサン・スラル氏は、その要求に応じることなくお断りしました。

ニューヨーク・タイムズによると、2023年11月21日午前5時30分(日本時間)に、以下のURLでその詳細が報じられています。


【タイトル】アーカンソー大学で、パレスチナ支持者の言論が遮断される州法

バイマル・パテル

アーカンソー大学では、講演料をもらうために学術家や作家は反イスラエル・ボイコットに参加しないという公約書を署名する必要があります。しかし、作家のネイサン・スラル氏は、「いいえ、ありがとうございません」と言いました。

公開日:2023年11月21日05:30(日本時間)

ニューヨーク・タイムズ アメリカ版から引用:https://www.nytimes.com/2023/11/20/us/arkansas-thrall-bds-antisemitism.html?partner=IFTTT


コメントを残す

%d