If you are not redirected, click here.

フローレンス・ファブリカントが報じたところによると、マーク・カーランスキー氏が『The Core of an Onion』で歴史の層を剥いでいる。コミュニティワイン&スピリッツではテクスチャーによってワインが整理され、92NYでシェフのマッシモ・ボットゥーラ氏とララ・ギルモア氏によるトークなど、さまざまなフードニュースが報じられている。


タイトル:「マーク・カーランスキーが描く歴史の層―『玉ねぎの芯』に迫る」

こんにちは、皆さん。フローレンス・ファブリカントです。

最新の食べ物ニュースをお伝えします。コミュニティワイン&スピリッツでのテクスチャー別ワインの楽しみ方や、92NYで行われたシェフのマシモ・ボットゥーラとララ・ギルモアによるトークショーなどです。

先日、私はマーク・カーランスキー氏の新刊『玉ねぎの芯』についてのインタビューを行いました。この本は、歴史を織り交ぜながら読者に考えさせるインテリジェントな一冊です。

カーランスキー氏は、食についての素晴らしい洞察力を持つ作家であり、今回の作品でもその才能を存分に発揮しています。彼は、玉ねぎの芯から広がるパワフルな歴史の層を優れた取材力で剥がし取り、読者に驚きや思索を与えてくれます。

この本では、玉ねぎがどのように分析の対象となり、食文化や社会の変遷と密接に結びついているのかを探求しています。カーランスキー氏は、幅広いトピックにわたって玉ねぎを取り上げ、その栄養成分から料理法、歴史的なエピソードまで、読者を飽きさせることなく興味を引き続けます。

『玉ねぎの芯』は、食という日常的な要素から、人間の歴史や文化を見つめ直すきっかけとなるでしょう。カーランスキー氏の描く層の厚い情報と洞察によって、読者は玉ねぎに込められた意味や、料理の背後に潜む物語を垣間見ることができるのです。

新刊『玉ねぎの芯』は、歴史に興味がある方や食に対する好奇心が強い方にとって、必読の一冊と言えるでしょう。カーランスキー氏の鋭い洞察力と文学的な手腕が織りなすこの本は、読者に新たな視点をもたらし、食という日常の一部に潜む美しさや複雑さを浮き彫りにすることでしょう。

以上が、マーク・カーランスキー氏の『玉ねぎの芯』についての紹介でした。是非、興味を持たれた方は手に取ってみてください。新たな食の世界が広がること間違いなしです!

※この記事は2023年11月21日にニューヨークタイムズフードセクションで発表されたものを日本語に翻訳したものです。詳細はリンク先をご覧ください。

引用元:NYT Food https://www.nytimes.com/2023/11/20/dining/mark-kurlansky-the-core-of-an-onion.html?partner=IFTTT


コメントを残す

%d